2008年03月28日

「100万人のキャンドルナイト」と「トウキョウ・ミルキーウェイ」

「キャンドルナイト」とは照明を消し、キャンドル(蝋燭)を灯して過ごそうというもので、スローライフ運動の一つです。日本では、「100万人のキャンドルナイト」と銘打ち、2003年の夏至(同年6月22日)に第1回が行われました。

文化人類学者である明治学院大学 教授 辻信一氏らが呼びかけ人となり、当初は2001年に原子力発電所建設反対のため行われたカナダの自主停電運動をヒントにスローライフ運動として始まりましたが、地球温暖化防止のため「Co2削減/ライトダウンキャンペーン」により環境省も参加しており、環境活動としての意味もあります。続きを読む
posted by tokyomilkyway at 10:11| Comment(0) | TrackBack(1) | トウキョウミルキーウェイとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月24日

総合ディレクター・インタビュー

「芸術で地球を救う」から「トウキョウ・ミルキーウェイ」まで
総合ディレクター 深瀬鋭一郎インタビュー
聞き手 川上真生子(東京大学)

■「芸術で地球を救う」の誕生 2005年11月

eco-night1_450.jpg2005年の9〜10月に僕が事務局長をしている新宿地下街ダンボール絵画研究会の研究発表展を新宿エコギャラリーっていうところでやったんですけど、地球新聞っていう環境系のタブロイド新聞の記者だった木下拓己君っていう人がそこで僕の存在を知って、11月ごろですかね、取材があったんです。「なんでこんなことしてるのか話を聞きたい」っていうことで。この施設は崎田裕子さんという環境カウンセラーが代表を勤めている施設だったので、この展示をきっかけに環境関係者が僕の存在を聞きつけてけっこう会いに来られたんですよ。で、そのときになんで芸術で地球を救うっていう話になったのかというと、地球新聞の社主の小林良夫さんが、口癖で「いやぁ〜これで地球は救われました」っていうんですね。すごく些細なことでもそういう大げさなことを言うもんだから、みんなでゲラゲラ笑ってたんだけど。「じゃあ芸術で地球を救いますか」っていう冗談みたいな話を僕がしたら、またそれでワッハッハと大ウケで。でもふと、ギャグじゃなくて本当に「芸術で地球を救う」っていう企画はできるかもしれないと思ったんですね。続きを読む
posted by tokyomilkyway at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | インタビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。